GIMPで写真(画像)の編集をする方法について、ホームページで使う画像作りを想定して解説します。
ホームページに載せようとする場合、画像のサイズを指定して作りたい場面が多いと思います。

こちらのサンプル画像を、切り取って、サイズ変更し、文字を入れるという流れで解説します。
GIMPをインストールしてないかたはこちらから

 →  

1.写真の使いたい部分だけに、切り抜きをしたい

まずは、撮ったままの写真では要らない部分がある場合、使いたい部分だけに切り取りたいですね。
GIMPを起動したら、編集したい写真のあるフォルダを横に出しておいて、
編集したい写真ファイルをつかんでGIMPのキャンバスへぽい!っとドラッグ&ドロップします。
(↓クリックで解説画像が大きく表示できます)

 

次に、↓この切り抜きアイコンをクリック。

 

画像のなかで、クリックし、使いたい部分を角から角へとドラッグして選択範囲を決めます。
ここでは、まずは、使いたい横幅を基準に選択範囲を決め、縦幅は後で切り取るので多めに残します
手を離したあとも、四隅の四角い部分ををつかんで動かすと微調整できます。

 

これでよければキーボードの「ENTER」を押すと切り取られます。
↓しかし、この状態は、キャンバスはもとの写真のサイズのままですので、

 

上のメニューバーの[画像] → [キャンバスをレイヤーに合わせる] をクリックします

 

これで、キャンバスが画像と同じ大きさになりました。

 

2.決められたサイズにしたい

次に、仕上げたい画像の幅に、縮小します。
ここでは、仕上げたい比率とは違う大きな画像を、1000 × 650 のサイズに縮小する方法を例に解説します。
↓縮小・拡大のアイコンをクリック

 

画像の周りのどこかでクリックをすると、↓このようなサイズ指定できるウィンドウがでてきます。

 

横と縦の比率が変わったら写真が歪むので、比率がロックされてた状態で作業します。
そして、今回は、高さを切り取って指定されたサイズに仕上げたいので、
まずは、横幅を基準に、縮小します。
幅の数値を1000 にします。
高さの数値の枠内をクリックすると、高さがいくらになるかを確認できます。
これでよければ、「拡大・縮小(S)」のボタンをクリック。
逆に、縦には切り取らず横幅を切り取る場合は、高さを指定からですね。

 

縮小されましたが、キャンバスは大きいままなので、
もう一度、[画像] → [キャンバスをレイヤーに合わせる] をクリックします

 

小さく切り取ったので、少し表示を大きくしましょう。
最初は、大きな画像がキャンバスにあったので、かなり縮小表示されていたのです。
画面下の表示サイズを変えてちょうどよい見え方にしてください。

 

次に、幅は1000になっているので、縦をちょうどよい場所で650に切り取ります。
もう一度、切り取りアイコンをクリックし、
切り取りたい場所の角から角へ、マウスをドラッグして選択範囲を調整します。
このときウィンドウの下のほうに、サイズが出ていますので、
1000×650になるところでマウスを離します。
(↓クリックで解説画像が大きく表示できます)

 

そして、キーボードの「ENTER」を押すと切り取られます。
また、[画像] → [キャンバスをレイヤーに合わせる] をクリックします。
これで、理想の場所で、1000×650に切り取ることができました。
(↓クリックで解説画像が大きく表示できます)

画像に文字を入れる必要がなく、これでよいなら、画像保存するに進みます。

 

3.写真に文字をいれたい

画像に、文字を入れたい場合は、[テキスト]のアイコンをクリックします。

 

文字の字体(フォント)や、色、大きさを指定します。
(↓クリックで解説画像が大きく表示できます)

 

文字色を、スポイト機能を使って、写真のなかの色にしたいときは↓このようにクリックで選択できます。

 

だいたいの文字を入れたい場所でクリックし、キーボードで入力します。

 

[移動]のアイコンをクリックし、

 

理想の場所へドラッグします。

 

動かしたいパーツをうまく選択できないときは、左側のメニューで「アクティブなレイヤーを移動」にチェックをいれて、

 

右側のメニューで移動したいレイヤーを選択してから、移動しましょう。

 

文字の大きさを調整したいなら、文字を選択状態にし、でてきた枠内でサイズ変更できます。

 

 

すべてOKなら、画像を別名で保存します。
ここで、注意したいのが、「保存」ではなく、「名前を付けてエクスポート」です。
「保存」は、このキャンバスを保存するということです。
続きの編集をしたいなら、キャンバスを保存しておきましょう。
画像を、新しいファイルとして保存するのは、「名前を付けてエクスポート」です。

 

画像のファイル名を変更し、「エクスポート」ボタンを押すと、新規保存されます。
ファイルの拡張子を変えたいときは、左下の「ファイル形式の選択」から、選べます。
(↓クリックで解説画像が大きく表示できます)

 

これで↓新しく、サイズ調整して切り取った画像が完成です。