LINEリッチメニュー制作事例 PINK BUNNY

PINK BUNNY のLINE公式サイト用リッチメニュー

PINK BUNNYのLINE公式サイト用のリッチメニューを制作しました。

公式LINEのトーク画面に表示させる画像メニューです。
LINE公式アカウントの機能の一つである「リッチメニュー」は、トーク画面の下部(キーボードエリア)に表示されるタイル状のメニューです。分割された画像ごとに表示内容を設定することで、Webページへの遷移や予約などのコンバージョン、クーポン画面などに誘導することができます。

リッチメニューは、アカウント種別や料金プランを問わず使用可能で、機能差もありません。LINE@で料金プランがフリープランの場合、リッチメニューは利用できませんでしたが、2019年4月にLINE@がLINE公式アカウントに統合されたことにより、すべてのプランで使えるようになりました。

リッチメニューには大小2種類があり、それぞれタイルのレイアウトも選択できます。
リッチメニューを複数作成してそれぞれの表示期間を設定することで、期間によってメニューを出し分けることができます。例えば、普段は通常のメニューを表示し、キャンペーン期間中は期間限定で通常とは異なるリッチメニューを表示させるといった切り替えが行えます。コンテンツ設定のアクションで「クーポン」を選択すると、遷移先をクーポン画面に設定することができます。クーポンをリッチメニューに表示させておくことで、ユーザーに存在を気付いてもらいやすくなります。
ショップカードは従来のポイントカードに代わるLINE公式アカウントの機能で、特典を用意して来店を促進するなどの活用が可能です。コンテンツ設定のアクションで「ショップカード」を選択すると、クーポン同様、ショップカード画面へ誘導することができます。リッチメニューに表示することで、ショップカードの利用率を高めるだけでなく、店舗の顧客ロイヤリティーを高めることにもつながります。

関連記事

NEW PICK UP
  1. A5フライヤー制作事例 LEPONT様

  2. ステッカー制作事例 LEPONT様 その3

  3. ステッカー制作事例 LEPONT様 その2

  4. ステッカー制作事例 LEPONT様

  5. ショップカード制作事例 LEPONT様

  1. A5フライヤー制作事例 LEPONT様

  2. ステッカー制作事例 LEPONT様

  3. ショップカード制作事例 LEPONT様

  4. スタンプカード制作事例 LEPONT様

  5. 名刺制作事例 LEPONT様

Works

TOP